真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい


by neruumitubame

出所祝いに駆け付けた貸元連中

 ヤクザが刑務所で刑期を御務め後釈放されると、刑務所出口に大勢の子分や兄弟分が駆け付ける。

 今では警察当局の指導やお願いもあってあまり見られなくなったが、その時にどれだけの身内が集まっているかで自分の貫禄を示し、そこへ集まった人も忠誠心を親分に見せられる。

 久し振りにその放免祝いを見せて貰った。

 林野庁の行政処分を巡るあっせん収賄罪などで懲役2年、追徴金1100万円の実刑が確定し、服役していた鈴木宗男が仮釈放されて塀の中から顔を出した。

 多くは語るまい、語れば殺されるかもだから。

 それほど重要な秘密を握っているわけではないから大丈夫かな。
 
 小沢一郎、鳩山由紀夫、福島瑞穂、辻元清美、外務省の佐藤優、自民党元幹事長伊吹文明、父親がヤクザだと確定したかのような「噂」に塗れている国会議員、他にも多くの貸し元が参集した。

a0112660_16325557.png


 その時の様子をJキャストニュースが皮肉を込めて伝える。



 《祝う会でまず登場したのは小沢一郎・民主党元代表で、「鈴木先生をまたお迎えすることができて嬉しい。従来と変わらず友情とご指導を」と型通りにあいさつ。これはまあ、読みようによってどうにでも読める人。

 続いて鳩山由紀夫氏も、「ひとなつこい鈴木宗男先生のお顔を久しぶりに拝見して、ホントに嬉しく思っています。お帰りなさい」とあいさつ。さらに「私どもも一緒にがんばるので、日本の未来のために闘ってください」とやった。ここで「モーニングバード」は古い映像を持ち出して意地悪。これが面白い。2002年に鳩山は鈴木について「こういった政治家が日本にいるということが実に恥ずかしい思いであります」とやっていた。

 「鈴木宗男さん、お帰りなさい。おめでとうございます」と握手したのは福島瑞穂社会党党首。「1人の国会議員としてがんばり抜かれている時に、本当に心から尊敬しました」とあいさつした。しかし彼女もまた、02年には「鈴木宗男はけしからん。下品なとんでもない国会議員だ。そう思います」とぶっていた。

 会場には他にも、かつて鈴木を「疑惑のデパート」「疑惑の総合商社」と追及した辻元清美議員(当時は社会党)が微笑んでいる姿もあった》=11年12月07日13時17分J-CASTテレビウォッチ=。

 こんな光景を見ると政治家の底の浅さというのがはっきりしてしまう。

 いくら小沢一郎に可愛がられているにしろ、その指示通りに「鈴木宗男親分放免会」に駆け付けるとは、党内から止める声も出なかったのか福島瑞穂。

 党本部書記に骨のある党員はいなくなったのか。

 「疑惑のデパート」と罵った相手にひれ伏すのも権力側の美酒を味わったからだろうか。

 政治家には当分なれないが「北海道利権」とか「ロシアとの利権」とか、色々噂があったあれはそのまま残っているのだろうか。

 哀れな政治家達の集う姿は国民から希望の灯りを消してしまわないだろうか。
 
 ※貸元 - Wikipedia
 貸元(かしもと)とは、紙芝居師に紙芝居を貸す元締め、もしくは賭博場の経営者。貸し元 とも書く。 商売道具を貸したり、賭博場で負けた客に金を貸す元だから貸元と呼ばれる。 暴力団の世界では縄張りの責任者という意味もある。必ずしも一家の長というわけではない※。

 改めて考えると、政治家はその権益という「縄張り」を持つ貸し元だったのだ。

 ヤクザと政治家が切れない理由はそのあたりにあるのか。
[PR]
by neruumitubame | 2011-12-07 16:51 | 政治