真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい


by neruumitubame

何を今更 川端柳

 見出しは「何をくよくよ川端柳 水の流れを見て暮らす」という都々逸の句が正しいらしい。

 検索してみるといつの間にか間違って記憶していたのが判明した。

 まあ、よくある事だし、正しい句にしようとも思ったが、間違った句でブログを書いている人もいるようなので、このままにしておこう。

 それに「何をくよくよ」では記事の見出しとしては合わないので、強引に「何を今更」でいってしまえ。

 今の社会はやったモノ勝ちだ。

 《社民党の照屋寛徳国対委員長らは12日、衆院議員会館で記者会見し、5選を目指し党首選に出馬表明している福島瑞穂党首に対抗し、候補を擁立する考えを示した。

 照屋氏らは記者会見の中で、「結党以来一度も党首選をやっていないのは異常。

 福島党首になって以来、国政選挙も地方選挙も負け続き。

 敗戦に敗戦を重ねる党首(投手)はピッチャー交代すべき」「現職がどかない限り次がないなら、言葉は悪いが北朝鮮の体制以上のものになる。

 多選を禁ずるようなことも考えないと権力は堕落し、党運営はマンネリになる」「2003年の土井さんから福島党首への禅譲は民主的プロセスを経ていない」「党首と呼ばれる人は選挙戦の結果責任を取るのが社会的常識」などと次々に福島党首を批判した。》=12年1月12日15時31分 読売新聞=。

 髪の毛が薄くなっていたのでじゃない、関心が薄くなっていたので気付かなかったが、社民党に改称してから一度も党首選挙をしてなかったのか。

 小手先の誤魔化しで社会党を社民党に改名しただけだから「結党以来」なんて大げさな言い方をしなくても。

 党首選挙をしろと要求してこなかったのは党員の責任 !、という自覚はないのだろうか。

 「2003年の土井さんから福島党首への禅譲は民主的プロセスを経ていない」って?、何を今更だ。

 金丸の麻雀仲間が自民党と野合連立を組んだ時には民主的プロセスを踏んで決定したのか。

 秘書給与パクリの国会議員を除名するよう求めたのか。

 福島瑞穂の肩を持つような感じになってしまうが、党運営を積極的にしてこなかったのはお互い様だというのは言い過ぎか。

 このままでは自分達の議席維持も風前の屁のように霧散してしまうと危機感を持ったのだろうか。
 
 もっと早くに気付くべきだったね。

 起死回生の秘策はもう一度「社会党」に改名し、国民の側に立つと宣言する事だ。
[PR]
by neruumitubame | 2012-01-12 17:35 | 政治